スポーツをはじめとする競技大会で、優勝者に送られるのがトロフィーです。様々な形のものを見たことがあると思いますが、それぞれはどういった使い分けがされているのでしょうか。スタンダードな形のものは、1柱もしくは4柱で作られている、大きなサイズのものです。非常に豪華で目立つタイプのもので、広く一般に知られている形です。使い方も幅が広く、あまり限定されておらず様々な場面で登場します。金額の幅も広く、テレビなどでよく見られるのもこのタイプが一般的です。高価なものは国際的な大会などで使われています。競技トロフィーというものもあり、スポーツやボウリング大会といった場面に贈呈されます。土台のプレートエリアが広く、文字を刻みこむのに適しています。どちらかというと小ぶりで、翼などをモチーフとした造形物を重ねているようなデザインが一般的です。コミュニティーレベルでの大会などでもよくつかわれており、一般社会でよく贈呈されているのはこちらのタイプかもしれません。必ずしもどのタイプを選ばなければいけない、という明確な線引きがあるわけではないですが、スポーツの大会であれば競技用を採用するべきでしょう。大会の規模と予算を考慮し、最適なものを選択してください。

トロフィーによる効果とは

トロフィーは学校などでよく見ることがあり、校内の入り口などによく置かれていることがあります。そういったものからその学校の特徴を知ることができます。特にどういったことに力をリれているのか、そしてどういった結果を残しているのかということが目に見える形で知ることができます。またそういったトロフィーやメダルというものを代々引き継いでいくということもそのプロセスやモノの価値が高まっているということが言えるでしょう。また何の競技なのかがわかりやすいという点でもトロフィーは活躍しています。学生などは大会での入賞の記念にもらうことでその活躍の結果が具体的な形として証明されること、そして記念として形として残るということに繋がっています。また多くの記念品として得る中でもとても記念に残るものであると感じています。現在でも多くの大会でしようされており、入賞の記念として利用されています。その主催側の人間においてもその記念品に自分の名前が入ることでその地位を高めてくれるものとなるでしょう。このように多くの価値を含んでいる為、多くの人が入賞を目指して取り組み競うのだと考えられます。今後も多くの大会で利用されるでしょう。

トロフィーで子供を育てる方法がございます。 スポーツ選手の育成には、「褒めて伸ばす」要素も非常に重要。ジュニアのスポーツ選手の育て方についてはこちら。 運動会・習い事の大会等に、子どもへ立派な贈り物を! 子供たちにとって大切な宝物となるトロフィー・カップ・表彰楯・メダルなどの表彰グッズは、ひとつひとつ丁寧に仕上げ、大切にお届けします。