デザイン住宅の人気の秘密に迫る

住宅を購入する上で求める条件は人によってさまざまです。人とは違った家に住みたいと考える人にとって、デザイン住宅はとても人気が高まっています。リゾート地のホテルのような高級感溢れる住宅や、自然な素材を多用して温かみのある住宅にするなど、注文する方の希望をふんだんに取り入れることが可能です。オシャレに仕上げることも可能ですが、自分たちの家族構成や生活スタイルを重視し、間取りや動線に活かすことで効率的な住宅を造ることも可能です。このようにデザイン住宅というと、スタンダードな住宅とは一線を引いたオシャレな住宅というイメージもありますが、収納を多くしたりデッドスペースを無くして空間を効果的に使うなど、とても実用的な設計も可能なのです。オシャレさだけに捉われず、実際に住んだうえでの住みやすさも重視して設計することが失敗しないために重要なポイントです。

デザイン住宅の収納スペースは今後を左右する重要なポイントです

物を収納するためのスペースは、一見すると無駄なようですが、実は非常に大事なポイントとなるのです。収納スペースをどこに、どれ位作るのかをよく考えないままデザイン住宅を作ってしまったら、収納できない季節外の大きな物や年に数回しか使わない頻度の少ないものが居住スペースに溢れてしまい、とても後悔する結果になってしまいます。そのため、収納量とどこに収納スペースを作るのかをきちんと事前に考える必要があります。収納スペースは家族の人数や土地の大きさなどを考慮して、複数の場所に分けて作りましょう。使用頻度を目安として、良く使うものは取り出しやすい部屋の備え付けの収納に、使用頻度が極端に低いものは屋根裏や納戸、食材の保管はキッチンの近くといった風にジャンル分けするのもおすすめです。

コンセントの配置もデザイン住宅で重要なポイントです

デザイン住宅は自分の好きなように一から決められるのが大きな特徴ですが、コンセントの配置も好きなだけ好きな場所に付けることができるのです。好きなだけといっても無駄に付けてしまってはコストが嵩むだけで無駄になってしまいます。しかし極端に少なかったり、全く使えない場所に配置してしまっては意味がありません。自分たちのライフスタイルや生活動線、家具や家電の配置をイメージしながら、最も便利な場所にコンセントを配置することが重要です。今は便利な電化製品が増えているため、思っている以上にコンセントを利用します。料理が好きな方はキッチンに多めに配置したり、パソコンや音楽の趣味がある方は、居間や個人の部屋に多めに配置すると良いでしょう。いずれはデザイン住宅を建てたいと考えている人は、今までに不便だと感じていることを書き出しておくと、実際に設計する時に非常に役に立ちます。